た行|不動産用語集|船橋エリアの新築戸建・中古物件・土地・マンションの不動産情報・売却はセンチュリー21 新建設

不動産用語集

不動産用語集

【た】の不動産用語集

第1種住居地域

居の環境を保護するための用途地域で、床面積3000平方メートルまでの一定の条件の店舗や事務所、ホテルなどが建てられる地域のことをいいます。

第1種中高層住居専用地域

中高層住宅の良好な住環境を守るための用途地域で、床面積が500平方メートルまでの一定条件の店舗などが建てられる地域のことをいいます。

第1種低層住居専用地域 

住宅を建てるための用途地域で、市街地において、閑静で良好な住環境を希望する場合にはこの用途地域が本来一番住みよい用途地域といえます。

耐火建築物

近隣で起こった火災や室内で火災発生の場合に、崩落や炎上しない耐久性を持つ耐火建築物に準ずる性能を持つ建築物をいいます。

耐火構造

高熱に対し建築の主要部分に耐久性があり、鎮火後、補修程度で再使用できるような構造をいいます。

第2種住居地域

住居の環境を保護するための用途地域で飲食店、店舗、事務所、ホテルなどが建てられ、床面積の制限はありません。

第2種中高層住居専用地域

都市計画法で定められた用途地域で、中高層住宅のための良好な住環境を保護するための地域のことをいいます。

第2種低層住居専用地域

都市計画法で定められた用途地域で、低層住宅のための良好な住環境を保護するための地域のことをいいます。

ダイニングキッチン

食堂と台所が一体化した機能をもつ空間のことをいいます。

対面型キッチン

キッチンをダイニングやリビングに対して向かい合ったかたちに設計されたキッチンのことをいいます。

耐力壁

建築基準法第20条の規定に基づき、建築物に風や地震による外力がかかった場合、その水平力を支持するために構造を支持する壁のことをいいます。

タウンハウス

接地型住宅団地のひとつの形態で主に二階建の連棟式の共同住宅のことをいいます。

宅地

建物の敷地となる土地と、用途地域内の土地(道路、公園、河川その他政令で定める公共施設に使われているもの以外)とされていることをいいます。

宅地造成等規制法

宅地造成することにより地形に土砂崩れなどの危険が生じる恐れのある市街化区域内で、宅地造成工事を規制する法律のことをいいます。

断熱サッシ

サッシの枠の断熱効果が高くなっているサッシをいいます。

当社最新広告

新建設はこんな会社です

  • 企業案内
  • 代表より挨拶
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
ページトップへ戻る