か行|不動産用語集|船橋エリアの新築戸建・中古物件・土地・マンションの不動産情報・売却はセンチュリー21 新建設

不動産用語集

不動産用語集

【け】の不動産用語集

景観法

景観づくりを目的としたわが国初の法律です。

軽量鉄骨

厚さ4.5mm以下程度の薄い鋼板を成形した鉄骨のことです。

軽量鉄骨構造

軽量鉄骨を柱・梁として使用した建築物を軽量鉄骨構造と言います。

化粧合板

いわゆる集成材の一種で「合板」の表面に「ツキ板」をはり、処理をしたものをいいます。

下水

汚水(おすい)と雨水(うすい)で構成された汚れた水をいいます。 汚水は、台所排水や水洗排水、風呂水などの雑排水をいいます。

検査済証

確認申請図面の通りに施工が行われたかどうか行政の検査を受けたという証明書のことをいいます。 

建設業法

建設業法とは、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに、建設業の健全な発達を促進し、公共の福祉の増進に寄与することを目的とした昭和24年に制定された法律のことをいいます。

建築確認

これから建築しようとする建物が建築基準法などの法令や各種基準に適合しているかどうかの審査のことをいいます。

建築条件付き土地

土地に対してあらかじめ施工業者が指定されている宅地のことをいいます。

建築面積 

建築物の外壁又は柱の中心線で囲まれた部分の建物の水平投影面積のことをいいます。

建ぺい率 

敷地面積に対する建築面積の割合のことをいいます。

当社最新広告

新建設はこんな会社です

  • 企業案内
  • 代表より挨拶
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
ページトップへ戻る